Biography

Gustavo Torres. Guitarist, Composer, Arranger.  Born in La Plata, Buenos Aires, Argentine.

Since 1985, activities in Argentina, Japan, Taiwan, Brazil and Uruguay in radio, television, theaters, concert halls, cultural centers, auditoriums, restaurants, bar, coffee, various events.
Studied classical guitar, piano and violín in ¨Gilardo Gilardi Music Conservatory¨, La Plata. Composition and Classical Guitar in ¨Bellas Artes University¨, La Plata. Tango, Jazz and Folclore in EMPA, ¨Avellaneda Popular Music School¨, Buenos Aires. Flamenco Guitar with master ¨Enrique de Córdoba¨, Buenos Aires.
From August 2010 to March 2011, work at the Latin Cultural Center ¨Tiempo Iberoamericano¨, playing guitar at Flamenco Dance classes, teaching guitar and playing at ¨Sancho Panza Restaurant¨.
Resides in Fukuoka City since 2012, teaching guitar and spanish language and playing ¨World Music¨ (Flamenco, Tango, Folclore, Bossa Nova, Jazz, Latin, Celtic, Arabian, Classical, Japanese) and original compositions, playing like soloist, accompanying dance or singing and in instrumental groups as well.
グスタボ トーレス
ギタリスト、作曲家、編曲家。アルゼンチン、ブエノスアイレスのラプラタに生まれる。
ラプラタの「ヒラルド・ヒラルディ音楽院」でクラシックギター、ピアノ、ヴァイオリンを学ぶ。ラプラタの「ベラスアルテス大学」で作曲とクラシックギターを学ぶ。ブエノスアイレスの「EMPA」(アベジャネーダポピュラーミュージックスクール)でタンゴ、 ジャズ、フォークロアを学ぶ。ブエノスアイレスのギタリスト、エンリケ・デ・コルドバ氏に師事、フラメンコギターを学ぶ。
1985年以来、アルゼンチン、日本、台湾、 ブラジル、 ウルグアイでラジオ、テレビ、劇場、 コンサートホール、文化センター、 講堂、 レストラン、バー、カフェなど、さまざまなイベントで活動中。
2010年8月から2011年3月まで「ラテン文化センター ティエンポ」に勤務。フラメンコダンスのクラスでギター演奏、ギター講師、 レストラン「サンチョパンサ」にてギター演奏を行う。
2012年より福岡市在住。ギター、スペイン語講師。 「ワールドミ ュージック」(フラメンコ、タンゴ、 フォークロア、ボサノバ、ジャズ、ラテン、ケルト、アラビアン、クラシック、ジャパニーズ)や、オリジナル曲をソロ演奏、ダンスや歌の伴奏、バンドとの共演などを行う。

«I don't believe in spontaneous genius. The talent that one may have is not enough. One must always continue to strive as if it were the first day »

Paco de Lucía